【アメブロより】おデブはツラいよ

ご訪問ありがとうございますとびだすうさぎ2カナヘイきらきら

今日は私が太っていた時に
どんな気持ちで日々を
過ごしていたか
をお話したいと思いますショックなうさぎ

日頃 どんな扱いを受けていたか?

その時 どんな気持ちだったか?

どういう態度で返していたか?


例えばみなさんは
ポッチャリさんに面と向かって

きみ、太ってるね
って言いますか?
太っていることをネタにバカにしますか?

しないですよね。ふつー。


これを言ったら相手が気にするかも
言いたいけど言えない

とか思いますよねえー



私の場合
言われてましたプンプン
思いっきりプンプン


太っていることをネタ
相当イジラれましたえーん

みんなの人気者…
もとい
笑い者でしたキョロキョロ


当時こんなコト言われてましたよプンプン


しだチャンて誰かに似てるかと思ったら
ビリケンさんだ~

寒そうだから服貸してあげようか?
あ、でも入らないかニヤリ

どこでそんな大きい服買ってるの?
よく売ってるね。

最近太っちゃったぁ~
デブになっちゃう~(私の前で良く言うわ)
あ、しだチャンはいいんだよ!
のままが一番カワイイんだから‼ 

などなど…

言われるたびに
心の中は
すごく傷ついているのに

気持ちとはうらはらに
いつも
ヘラヘラ笑って
ごまかしていましたショボーン

それどころか
自虐ネタを言って皆を笑わせて
わざと明るく振る舞っていたんです。

陽気なデブ
明るいデブ
を演じていたんですえーん

顔で笑って心で泣いて

まさにピエロのようでした。


何でなんでしょうね…
自分でもわからないけどショック

多分わずかに残っていたプライド
だったんじゃないかなぁ…ショック

太っていることを気にしてると思われたくない
とか
こんなことで落ち込んでると思われるのが恥ずかしい
とか…。



でもいつも心にあったのは
いつか痩せてコイツらを見返してやる!
という気持ち気合いピスケ

今思えばこの想いこそが
私のダイエットライフを
支えていました。

てことは
言われたことに

感謝せねば!カナヘイハート


今の私は
確かにあの時の気持ちが
原動力になってる爆笑

今は

一周回ってありがたい♥